経営者セミナー




主催

公益財団法人 埼玉りそな産業経済振興財団

後援

株式会社 埼玉りそな銀行、りそな総合研究所 株式会社

経営者セミナー プログラム 全5講

第1講 「最新の国際情勢と日本経済に与える影響」
[講演] 平成29年11月21日(火) 15:30〜17:00
[会場] 大宮ソニックシティ ホール棟4階 国際会議室
一般財団法人キャノングローバル戦略研究所 研究主幹 株式会社外交政策研究所 代表
宮家 邦彦 氏
1953年神奈川県生まれ。
1978年東京大学法学部を卒業後、外務省に入省。外務大臣秘書官、日米安全保障条約課長、在中国大使館公使、在イラク大使館公使、中東アフリカ局参事官などを経て2005年8月外務省を退職、滑O交政策研究所代表に就任。2006年4月より立命館大学客員教授。2006年10月〜2007年9月総理公邸連絡調整官。2009年4月よりキャノングローバル戦略研究所・外交安全保障研究主幹を務める。
著書に『日本人が知らない国際情勢の真実』、『トランプ大統領とダークサイドの逆襲』等多数。
 
 
21世紀の日本企業の課題は、多種多様な国際環境変化に如何に対処するか、日本社会を支え続けてきた日本人の底力を確固たるものにできるかであると思います。日本企業の安定的発展のためにはグローバルな視点が欠かせません。
 今回の講演では、激動する世界各地の国際情勢や日本経済に与える影響についてビジネスに役立つ情報を交えながらお話しくださいます。




第2講 「日本経済の展望:アベノミクスの来し方、行く末」
[講演] 平成29年12月22日(金) 15:30〜17:00
[会場] 大宮ソニックシティ ホール棟4階 国際会議室
クレディ・アグリコル証券会社 マネージング・ディレクター/チーフ・エコノミスト  
森田 京平 氏
1994年九州大学卒業。
1998年〜2000年米国ブラウン大学大学院に留学し、経済学修士号を取得。2010年7月〜2011年6月参議院予算委員会「財政再建に向けた中長期展望に関する研究会」委員。2017年4月より現職
1994年より一貫して、日本経済、金融・財政政策、市場動向についての調査及び予測を担当しており情報提供を行っている。また、分析に留まらず日本銀行、財務省など政策当局と定期的にミーティングを執り行っており、多くのお客様から厚い信任を得ている。2016年日経ヴェリタス・エコノミストランキング債券部門3位。テレビ東京『Newsモーニングサテライト』出演中。

 アベノミクスが始まって5年目が終わろうとしています。しかし日本の潜在成長率は、未だにアベノミクス前と変わっていません。今後、どのような政策がとられるにしても、これまでの成果の検証を踏まえたものとなっていなくてはなりません。そこで、アベノミクスの下、何が達成され、何が道半ばであるかを確認した上で、今後の日本経済を展望してみましょう。


第3講 「人工知能AIの現状とビジネスへの導入に向けて
[講演] 平成30年1月24日(水) 15:30〜17:00
[会場] 大宮ソニックシティ ホール棟4階 国際会議室
国立情報学研究所 教授 総合研究大学院 教授 東京工業大学 特定教授
山田 誠二 氏
1984年大阪大学基礎工学部制御工学科卒業。 
1986年大阪大学大学院基礎工学研究科修士課程修了。
1989年大阪大学大学院博士課程を修了後、同大学助手、講師。1996年東京工業大学大学院総合理工学研究科助教授を経て、2002年より国立情報学研究所教授、国立大学法人総合研究大学院大学教授。2016年6月より人工知能学会会長。
専門はHAIヒューマンエージェントインタラクション、人工知能、知的インタラクティブシステム。
webサイト:www.ymd.nii.ac.jp/lab/seiji/

 ここ10年の研究テーマは「人間と協調する人工知能」であり、現在HAIヒューマンエージェントインタラクション、IIS知的インタラクティブシステムを中心にさまざまな研究プロジェクトを推進中。大学、企業との共同研究、技術コンサルティング、そして人工知能に関する講演活動も積極的に行っている。



第4講 「スポーツの力 −夢・挑戦・未来−」
[講演] 平成30年2月20日(火)  15:30〜17:00
[会場] 大宮ソニックシティ ホール棟4階 国際会議室
筑波大学 体育系 准教授 
山口 香 氏
              1964年東京都生まれ。
1989年筑波大学大学院体育学修士課程修了。
1993年日本オリンピック委員会の在外研修で1年間イギリスに留学。1998年武蔵大学人文学部助教授、2005年教授。2008年筑波大学人間総合科学研究科准教授。2011年筑波大学体育系准教授(現職)。
日本女子柔道が世界のトップに通用することを証明した伝説の柔道家で“女三四郎”と呼ばれた。1988年ソウルオリンピック女子柔道銅メダリスト。
著書に『女子柔道の歴史と課題』、『日本柔道の論点』、『残念なメダリスト』等がある。

 1978年第1回全日本女子体重別選手権大会に最年少で優勝。以後、同大会10連覇。世界選手権では4個の銀メダルを獲得のほか、1984年日本女子として初の金メダルを獲得。1989年に現役を引退後は、筑波大学女子柔道部監督、全日本柔道連盟女子強化コーチとして指導。シドニー五輪、アテネ五輪と2大会連続して日本チームのコーチを務めた。現在は、筑波大学にて教鞭をとる傍ら、スポーツ庁参与、JOC理事などとして柔道のみならず、スポーツ全般の普及発展に努めている。 


第5講 「わが社のグローバル経営」
[講演] 平成30年3月14日(水) 15 :30〜17:00
[会場] 大宮ソニックシティ ホール棟4階 国際会議室
ポーライト株式会社 代表取締役会長

菊池 眞紀 氏 
1940年茨城県生まれ。
1963年駒澤大学商経学部商経学科卒業後、東京オイレスメタル工業梶i現:ポーライト梶jに入社。
1966年取締役就任。
1972年早稲田大学鋳物研究所(現:早稲田大学各務記念材料技術研究所)修了。
1983年海外担当常務取締役。
1984年専務取締役。
1986年取締役副社長。
1995年代表取締役副社長。
2003年代表取締役社長。
2017年代表取締役会長に就任。現在に至る。

 1952年の創業から15年後の1967年、まだ「国際化」という言葉さえなかった時代に創業者の義理人情から始まったポーライトのグローバル化。それから50年を経た現在、9つの国と地域に広がるグループ社員数は4,500名を超え、売上げの8割強を海外子会社が稼ぎ出しています。当社の成り立ちをご紹介した上で、経営基盤の構築や人材育成など、中小企業がグローバル化を進める上での経営課題について皆様と共有し、考察する機会をご提供できればと思います。 



[お申し込みについて]

■申込書   郵送またはFAXにてお送り下さい。
■受講証の送付
   お振込みを確認後、≪受講証≫を送付いたします。
  ※講演録につきましては、講演者の都合により送付できない場合があります。


■受講料   全5講 20,000円(税込)


■申込期限  10月31日(火)まで(定員200名)
          ※お申込み多数の場合は、受付を締め切らせていただきますので、
            予めご了承ください。
         

■受講料のお振り込み  
   お申し込み時に、下記の口座に受講料をお振り込みください。 
  • 埼玉りそな銀行 浦和中央支店 普通預金No.1428827
  • 口座名義/公益財団法人 埼玉りそな産業経済振興財団
  • お振込手数料はお客様ご負担となります。
  • 領収書は「振込金受取書」をもって代えさせていただきます。

■お問い合せ・申込書送付先
     公益財団法人 埼玉りそな産業経済振興財団
〒330-0063 さいたま市浦和区高砂2-9-15 埼玉りそな銀行浦和中央ビル
TEL:048-824-1475 FAX:048-824-7821 担当: 島村、飯田

[会場案内]